やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

思ったこととか

あったかもしれない「今」が愛おしい

たられば、もしも。あの時こうしていたならば。 考えたって仕方が無くても想いを馳せてしまうことが増えたような気がします。可能性という意味じゃいつまで経っても無限大ではあるのですが、こうやって選択を繰り返してきて、今になって自分が通ってきた岐路…

学校に行きたくない自分とどう付き合うか

全員が同じように学校へ出掛けていくというのは、それはそれで気味の悪い光景なのかなとも思います。 なんというか、そりゃまあ「道」を踏み外す人間は少ない方が良いわけで、そういう人が身近にいたならば、極力踏み外さないように引き止めることでしょう。…

考えることを減らしていきたいと思う

余計なことに頭を使いたくないなぁなんて思います。 何も考えないでただ漠然と過ごしていくような毎日はさすがにお断りですが、考えることがありすぎる毎日というのもいかがなものかと感じます。人間の頭ってCPUみたいにできてないんですよね。クアッドコア…

公約を達成していくことが難しい

「これをやる」と言ったことをキチンとやっていく人はスゴイなぁと思います。 公約を達成しない政治家とか、そういう話じゃないですけどやると決めたことをキッチリこなしていくことって結構大変なんですよね。子ども頃は純粋な心で「どうしてお父さんはよく…

時間にルーズな僕は本当にキチンとしたいのか

何だってこう何かと時間にルーズなんですかね、僕は。 どうにかしたいとは思っていても、ついつい間に合わなくなってしまう。それが自分の怠慢に寄るところならまだ自業自得と納得できますけど、自分の意図しないことに起因する場合は散々な気分になりますよ…

背伸びして買った革財布がだんだん古びてきた

当時の僕にとって財布に1万円なんて金額を払うのはずいぶんな気がしました。 身の丈に合わない。そんなことを思いながらも「革の色が変わる頃にはこの財布が似合っている自分になろう」と今の財布を手にとりました。あれから4年くらい経ったんでしょうか。…

僕はただ勉強ができない

リハビリも兼ねて、書いていくですよ。 「僕は勉強ができない」というタイトルの本があります。山田詠美さんの書いた小説で、センター試験にも出題されたことで有名です。1度読んでいて紹介したい本でもあるのですが、今回はそれとは一切関係の無い話。単純…

気分が落ちたら家事をしている

特に何があるわけでもないけれど、何となく気分が憂鬱な日ってありますよね。 最近じゃ気圧の低い日は体調が悪化しがちなんて話もありますが、こういうのも気圧のせいなんでしょうか?目の前のことにもイマイチ身が入りません。こんな日はそれなりのところで…

生活のギアを下げられるようになりたい

生活のギアを下げていきたいな、この頃と思います。 こう忙しさに任せてテキパキ事をこなしてばかりいると、ふと毎日に余裕ができた時に何もできずにスマホをスクロールすることしかできない自分がいるんですよね。今週の冒頭なんかはモロにそれだったのです…

新しい時代が生まれようとしている

時代が変わっていくなぁと、思うのです。 今年は「平成最後の夏」なんて呼ばれてやけにもてはやされたりもしてますが、そういう風潮だからなのか、やたらと「終わっていってしまうもの」が目に付くような気がします。長寿番組が終了したり、アーティストが解…

雨の日は部屋の外へ

今週のお題「雨の日の過ごし方」 雨の日だからこそ、外へ出掛けてみるのもいいのかな。なんて思ったり。 どうも、今日はふと思い立って外でこの記事を書いています。外と言っても屋内、それもふらっと立ち寄ったモスバーガーの店の片隅なんですけどね。こう…

何か中だるみを感じる

遅れてやってきた五月病ですかね。 なんか最近そんな感じです。別にやる気が無いからというのがここ数日更新が止まっている理由なんかじゃないんですけど、でも間接的にそうと言えなくもないような。どうにも目の前のことにのめりこめないんですよね。そんで…

お金がないと幸せに過ごせなくなった

「ウチは貧乏だけど、それでも幸せ。」ってスゴイことだったんだなぁと思います。 この頃の僕はカクカクシカジカありまして、お金の無い生活を送っているのですが、何というかイロイロ切羽詰ってますね。別に焦ったところでお金が増えるわけでもなければ、仕…

欲しい本が売ってなかったのでアマゾンで買った

こうして本屋が減っていくんだなぁと感じました。 たった一冊。単行本の本が欲しいなと思ったのです。それは今は手元に無い、だけれどそれなりに有名な本でした。ふともう一度読みたくなったので、街の本屋に探しに行ったところ売っていません。ありそうなコ…

バイブルがあると日々が少しだけ生きやすくなる

困った時は、原点回帰。今日は読書記事にも満たないようなそんなお話。 皆さんには「人生のバイブル」とでも呼べるようなモノってありますか?僕にはあります。それは僕がどうしようもなく人生に迷っていた頃に出会った、光明とでも言うような書籍なのですが…

ヒトの気持ちは変わっていくことについて

「ずっとこのままで」なんて思うけれど、幻想だよなぁと思うのです。 ごめんなさい、今日はこんな感じです。全国的に雨が降って、気温が下がって空気も湿っぽいのにすいませんね。当たり前なのですが、人の心は移ろっていくものですよね。先週遭った災難な出…

「やぎ座のヒトリゴト」開設から1年が経ちました

ということで、記念の挨拶です。 本日5月2日を以って、当ブログは開設から1周年を迎えました。めでたい。 何だかんだといろいろ考えながらやってきましたが、駆け抜けたというほどの感覚も無く、テクテク歩いていたらこんなところまで来てしまっていたよ…

健全になりたくない僕がいる

おはようございます。 アクティブに動きたいような、そうでもないような。いや、アクティブに動けるに越したことはないんですけどね。こう、自分自身に枷を付けているようなそんな傾向があります。自分自身がなりたいと望んだその状態でいる方法を僕は知って…

周囲から人がいなくなるということ

時期的に今はもう出会いの季節ですが、春というのは別れの季節でもあります。 環境を新たに新生活を始める人や、旅立つ人を見送る人。或いはそのどちらでもなかったり。とかく年度の変わる頃というのは人の行き来が活発になるものですよね。僕の周りも例外で…

折角なので、自己紹介

今週のお題「自己紹介」ということで。 今更な感じもありますけど、この機会にやってみようかなと思います。振り返れば初回の記事も挨拶だけで次からは普通に記事が始まってますからね。ここらで1つ、僕自身についての事でも書いてみようかなと。では、いき…

浮かれる街に酔ってしまってもいいかもしれない

今週のお題「お花見」というわけで。どうも、春ですね。 日中はすっかり暖かい日差しが降り注ぐようになりました。同時に桜もそろそろ見納めな頃ですね。世間にこんな陽気が漂っていれば当然といえば当然なのですが、この季節はどうも浮き足立った雰囲気があ…

反省と挨拶と憂いと

どうも、今月から平常運転です。ゆるして下さい。 3月とはバタつくものですよね。年度締めの月なので普段とは別にいろいろやることややりたいことが増えてきます。と、わかっていながらこの体たらく。まあただでさえタスクに忙殺されがちなんだから、桜の綺…

一人暮らしをする前のあの頃と今

お題モノでも、こういう風にキャンペーンで記事を書くのずいぶん久々ですね。 今回は「一人暮らし」ということで、ちょっと一人暮らしを始める前の頃を振り返ってみようと思います。こないだ「君はよく振り返るよね」と言われましたが、本当にそうですね。い…

本読んでたらブログ書く時間が無くなった話

どうも、今月の更新のできてなさ具合がヤバイですね。 おそらくブログ始まって以来の少なさになるんじゃないでしょうか。別に超絶忙しいというわけでもなく、身体も壊さずそれなりにやっておりますです。じゃあなんで更新できないのかといいますと、どうして…

没入感と失われていく若さ

本読めました。ちょっとだけ。 小説を読んだ時の没入感はやっぱり良いものですね。いつものことなんですけど、読んでると時間を忘れがちになってしまうので気付いたら日が沈んでたりして呆然としますよね。まあ、悔いは無い。 「歳を重ねると長時間睡眠する…

日々が億劫な時は、小さなことがオザナリになっている。

どうも、軽くご無沙汰ですね。1週間弱サボってました。今日から再始動。 ここ数日間続く春の陽気にほだされて、悠々と時間を過ごしてしまったわけですが、別に春じゃなくってもなんらかの要因でやる気が起きない時というのはどうしたってあるわけですよね。…

やりたいことができないのは僕らに時間がないから?

書くよ。別に何があるってわけでもないけどね。 そういえばというほどでもないですけど、もうすぐ3月になりますね。ちょっと衝撃。もう終わっちゃうよ、冬。今年の冬は何をしたかなぁーなんてぼんやり振り返ってみますけど、結局そんなに大したことしてなか…

日曜日の昼にテレビを観るだけだった大人達

ただ、何をするわけでもない。 待ちわびたはずの日曜は朝寝坊をすることから始まります。起きてみたところで、急いで顔を洗って歯を磨く必要も無いから、もう少し眠ってみる。昼前に着替えてスマホを見ながらダラダラ過ごして、気が付いたら昼過ぎになってい…

音楽配信サービスを受けてみようか考えてる

音楽関係というほどでもないんですけどね。 携帯電話で流行りの音楽を聞くのが当たり前になったこの御時世、ついにレンタルショップにCDを借りに行くことすら面倒になった輩がここに1人。足しげくTUTAYAに通い、旧作のCDを吟味していたあの頃の少年は一体ど…

「彼女が欲しい」と言う僕はまだ何もしていなかった

今週のお題「バレンタインデー」ということで、お題に沿って書くのはそこそこ久しぶりなんじゃないでしょうか。もうすぐバレンタインですね。 今年は平日ということで、学校にしても職場にしても、チャンスが多いことかと思います。最近の若人達は期待に胸を…