やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

僕なりに感じた「ブログ始めたら最初はとにかく記事を書く」理由

ふとコーヒーを飲みながら、「こういう『ページ開いたけど何書こう?』って時に過去の記事を振り返ってみたりすると結構良いんだよなー」なんて思いました。

 

過去に書いて人気だった記事とかを分析の意味でも振り返ってみて、それについて書くみたいな。再利用じゃないですけど、投稿数が増えてくるとそういうことができるのでいいですよね。僕が読んだブログ運営の指南書みたいなのにも書いてあったんですけど、始めてしばらくは記事を増やすことに注力した方が良いそうです。その本にはたしか検索でのヒット数を伸ばすためにある程度コンテンツが潤う必要があるからみたいなことが書いてあったと思うんですけど、僕はブログのレンジを広げる意味でも、記事を増やした方がいいなって思うようになりました。

「レンジ」なんてまた抽象的な言葉を引っ張り出してきましたが、つまり幅です。

記事って派生するんですよね。1つ自分の興味のあることについて記事を書くと、後になってそれに内容を付け加える、あるいはその記事で内容を補うような形で派生的に記事が書けるんですよね。まあ、当たり前といえば当たり前なんですけどね(--;)

僕はそういう部分に自覚的になってからちょっと記事が書きやすくなりました。ある1つの記事を元に間接的に内容が派生していってブログの全体の内容にだんだん幅が出てくる。いわゆる「コンテンツが潤う」ってやつですね。まあ僕はそうなる前に一回ブログ畳んじゃったんですけどね( ̄▽ ̄;)

まあ記事の数が増えたから書ける内容が増えてる部分があったんだなーって今になって思うわけですよ。大切なことは失って始めて気付くってね。

 

そんなわけでしばらくは毎日更新していけたらいいですね。とはいえ僕のことなんで、きっと毎日とはいかないんでしょうけど。なるべく毎日ですね。少なくとも週一回。まずは内容を潤すための元手が必要ということで。チマチマ書いていこうと思います。