やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

TS系歪みエフェクター「L' mat」を買いました。

音楽系の記事はちょくちょく追記していたので、個人的にはあんまり久々感がないですが、記事単位では間が空きましたね。今回は「レクティーク」から出されている「L'」というシリーズのTS系エフェクター「L' mat」を購入したので、それについて書こうと思います。

f:id:sinajirou:20170818190522j:image

なんかもうところどころ傷ついてしまって少し悲しいですね。

ハンドメイドエフェクター

「レクティーク」は安価な価格設定と、その値段に見合わないクオリティの高さで有名なエフェクターブランドです。通常、全国に出回るようなエフェクターはある程度の機械化によって安価な値段と大量生産を可能にしています。一方手作業の場合は、クオリティの高いモノが作れる代わりに、当たり前ですけど作れる個数に限度がある。よって1つあたりの値段が高くなってしまうんですよね。しかし「レクティーク」はハンドメイドのクオリティを維持したままエフェクターを1万円台で販売。ハンドメイドエフェクターの値段の常識を打ち破ってしまいました。こんなこと何度も言われてるでしょうけど、安過ぎてちょっと心配になるくらいです。

TS系エフェクター

今回僕が買ったのTS系エフェクターの「L' mat」です。「TS系」とは「tube screamer(チューブスクリーマー)系」の略で、アイバニーズから出ている「チューブスクリーマー」というオーバードライブに似た特徴を持つエフェクターを指して言われます。似た特徴というのはすなわち「ブースターとしての使用」に真価があるところです。オーバードライブは基本的にギターの音を歪ませるためのものですが、「TS系」と呼ばれるエフェクターは歪みの前に置いてgainを上げ過ぎずvolumeを上げて音量をブーストします。そうすることで、ギターの音にかかる歪みが通常とは違った歪み方をしていきます。TS系を置かず、普通に歪みエフェクターのgainを上げても歪みは深くなるのですが『ブースターで、「TS系」で歪ませた音の良さ』というのがまたあるのですよね。

やっと購入の経緯を話します

と言っても、ここまで書いてきたことが大体の経緯なんですけどね。

  • 「ハンドメイドエフェクター」というモノに興味があって、1つ手にしてみたかった。
  • 「TS系」もといブースターとして使うペダルが欲しいと思った。

この2点です。ならば単純にブースターを選んでも良さそうなのですが、噂に聞いた「レンジの広さ」というヤツに惹かれてこれを選びました。

使ってみて

「L' mat」というより、その原型であるレクティークの「Maestoso」というエフェクターは歪みの幅が広いことで評判です。「TS系」なのですが、深いところまで歪んでくれるそうなのです。「L' mat」においてもそれは健在のようで、gainを思いっきり捻るとギターソロにも使えるような歪みの深さになりました。しかし、個人的には「L' mat」から搭載されたlow cutのノブが一番の良さを感じました。low cutとはその名の通り、回すと音の低い部分がカットされるノブです。これがあることによって他の歪みエフェクターと組み合わせた音作りが格段にやりやすかったです。ソロで太く歪ませることもできるし、ブースターとして使うときにも必要以上の音の太さをカットできる。「レンジの広さ」というのがこれによってさらに広がっているのかなと思いました。

ちなみに、見た目はL'シリーズ以前のレクティークの方が好みだったりします。手作りっぽいしひとつひとつ柄が違うのもオリジナリティがあってステキ。

まとめ

満足でした。やっぱりハンドメイドエフェクターならではのクオリティがあるのかなと思いました。とっても良い音がして、フロントピックアップの音が好きになりました。アナログエフェクター沼は底が見えなくって怖いですね。そろそろボードを買おうかなと思います。