やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

ツイッターの位置情報管理、ちゃんとやってる?

古今東西、機械は説明書を見るより先にとりあえず触ってみる派のみなさん、こんにちは。スタックです。今日はスマホユーザーの皆さんにちょっとヒヤッとするようなお知らせです。

スマホを使っているなら大半の人が持っているであろうSNSアカウントですが、さっき投稿したその内容から自分の位置が特定できるかもしれないって言われたらどうします?

ということで、今回はツイッターの位置情報の設定を見てみました。パソコンだと設定画面から「プライバシーとセキュリティ」というところから見ることが出来ます。

f:id:sinajirou:20170912121119p:plain

真ん中の「位置情報をツイート」というところですね。ここにチェックを入れるとツイートに位置情報が付加された状態でツイートができるようになります。自分がどこで何をしているかがモロバレになってしまうんです。皆さんはなってませんでしたか?これくらい常識でしたかね。iPhoneなら本体の設定から「プライバシー」というところで、アンドロイドはツイッターのアプリの設定から「位置情報とプロキシ」というところで設定ができるようです。他のSNSアプリなんかでも設定できるはずなので、よかったらチェックしてみてくださいね。

余談ですが、この位置情報は数年前から画像ファイルにも当たり前に付加できるようになってますよね。ただカメラロールを見るだけじゃあんまり気付かないかもしれませんが、パソコンにデータを移したりした際に西暦と日時と位置情報が画像と一緒に記録されててちょっと引いたのを覚えてます。便利っちゃ便利ですけどね。こうやってブログとかやってる立場からしたらちょっと考えもんです。