やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

僕がブログを書けない時は大抵意識が逸れている

周期的に記事が書けなくなるのは、僕の意識がブログから遠のいているからなのかなとふと思いました。
どうも、少し間が空きましたね。今回はたまにやってくる僕の「ブログ書けない期」についての話です。

stack-dot-com.hatenadiary.com

今年の8月にもこんな記事書いてましたね。その時は単純にそんな時期があるんだよなぁーくらいの感じだったんですけど、その後もちょくちょくやってくる「書けない期」の中でどうやら意識がブログから遠のいているらしいことに気付いたんですよね。

 

皆さんはどんな風にブログを書きますかね。って言ってもブログ書いてる人が一体何人いるのかって話なんですけどね(--;) 僕は雑記ブログを書いてるので、基本的にブログのネタは日常生活から仕入れることが多いです。日々生活していてぼんやり頭に浮かんだこととか、うむぅと思ったことを文字に起こすのが一番よくやるやり方です。(このやり方、ちょっと改めた方がいいかもなんて最近思うんですけどね)だから、普段から「あ、こういうこと記事で書いたら良いかもな」と思えるアンテナを立てておく必要があるんですよね。僕における「ブログ書けない期」というのは、どうやらそのアンテナが折れている、あるいは混線して機能していない時期なんじゃないかと思ったのです。

 

僕がブログを書けない時というのはまず記事を書くことに全然乗り気じゃないです。だから単純に飽きが来ているだけなのかなとも思ったんですけどね。まあそうと言えばそうなんですけど。でも元を辿ってみるとそもそも「これを書こう!」って内容が浮かばなかったり、浮かんでもいざ文字に起こしてみると「何かあんまりぱっとしない・・・・」となってしまう。そういうことが重なって「この頃はブログ書けない」ってなるんですよね。

 

多分これは心構えの問題にもなってくるんで、自分の中でアンテナが立ってない時期っていうのは大体自分の意識がブログから離れてる時期だろうし、逆もまたそうなんだろうなぁと思います。だからこれがわかったからっていつでもブログが書けるってわけじゃないんですけど、まあ知ってるだけでもちょっと変わってくるかなーって。

皆さんはどうでしょう。なんか作業が進まない時とか、あります?