やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

元ガラケー民が Xperia XZ を使いだして半年経ったようです

今週のお題今年買ってよかったもの」ということで。

2017年もそろそろ終盤ということで、今年も沢山の買い物をしましたね。その中から「これ。」というモノをピックアップしようというのなら、僕はギグバックになると思います。ギターを入れるバックのことですね。でも、ここまできてとことんギター関連に染まるのも面白くないので、あえて別のモノを。

Xperia XZ

今回はこれについて語ろうと思います。スマートフォンですね。今年の春に買いました。これを買う前は僕はガラケーを使っていて、ガラケーだけどLINEが使えるその珍しい機種のことは別の記事にも書いています。僕はイワユル「スマホ嫌い」でした。だけれど結局スマホの、それも最新機種を購入するに至った経緯やら周辺事情を書いていこうと思います。なので今回専門的な話はありません。

 

きっかけ

「使い始めてから2年経った」というのもありますが、「アプリを使えなきゃ不便な状況になった」というのが正直なところですね。別に昇進したとかじゃないんですけど、その頃には何かと仕切り役に回るようなシチュエーションが増えてたんですよね。僕のガラケーはメールとLINEができてアンドロイドも入ってたけどアプリは使えなかった。無理矢理貫くこともできなくないですけど、咄嗟のことに対応できないのはやっぱり不便でした。

 

Xperia を選んだわけ

ガラケーを使う前はiPhoneを使ってました。そこでスマホ嫌いになったわけなんですけどね。これが嫌いになった原因とかではないんですけど、Appleの製品には同期システムというものがあって、端末が別でもインターネットを通してデータの同期を行えるんですよね。iPhoneで撮った写真がUSBでデータを移さなくても部屋のiMacで見れるようになってるっていう、そういうシステムです。僕はそれがあんまり好きじゃなかったんです。自分の知らないうちにデータが整理されてるのが、自分の部屋を母親に勝手に掃除されてるような気がして好きじゃなかった。自分でやるよって。まあそうならないように自分で設定すればいいんですけどね。

気が利きすぎなんですよね。だからここまで日本で売れたんだとも思いますけど、便利過ぎて僕はなんだか「これはこうやって使ってください」って言われているような気がしてしまいました。だから、しばらくアンドロイドのままでいようかなと思ったんです。

それとウォークマンを買い換えたいと思っていたのも大きいです。僕は音楽はプレイヤーで聴く派なんですが、持ってるウォークマンがそろそろ古くなってきていた。でもウォークマンも高いんですよね。18000円くらいする。僕は音質にこだわるわけでもハイレゾに10000円以上出したいというわけでもなかったので、この際Xperiaにしてそれをウォークマン代わりにしようと思ったのでした。買った後にZX1がハイレゾ対応していることを知りました。

 

使っていて

スマホのクオリティ上がったなぁ」に尽きますね。2年間ガラケーやってる間に画質は上がるわ音質上がるわ動作も速くなってるわで文句なしな感じ。これを普段はLINEくらいしか使わない僕が持つのは勿体ないくらいです。(だからガラケーになりました。)特にカメラが綺麗ですね。Xperiaのカメラ性能はずいぶん前から評判でしたが、これはさすがです。

ショックだったのは、僕が使っているヘッドホンをどういうわけか意地でも認識してくれなかったこと。泣ける。結構高いやつなのに。ここ2年でイアホンにはマイクが付いてることが常識になったんですかね。あと、常々思ってますが画面が大きいです。わかった上で買ってるんで文句は無いですけど、ポケットに余裕を持って入るくらいが僕はちょうどいいと思ってます。

 

長くなりました

まとめです。相変わらずスペックを持て余すような感じで使ってますけど、まるで生活に不便を感じなくなりました。元ガラケー民からすると、その不便さこそが愛おしかったりもするんですけどね。まあ、感傷でご飯はおいしくなりませんし。それにしてもすっかりスマホ規格な世の中になったなぁと思います。みんなしてあんなもの持ち歩いて、数分置きにやりとりして、世界中どこからでも繋がって、それが日常になって。

皆さんは20分の時間待ちを画面を見ずに過ごせますか?電車の窓から外の景色を見てますか?僕の近所ではイチョウの葉が舞い歩道が黄色く染まってます。この鮮やかな黄色もみんなは加工アプリのフィルター越しに見ているんでしょうか?