やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

イロイロ考えるけど、書けない時は結局書けない

どうも、開設から1年に満たないこのブログ。半年強と言えなくもない期間で何度か「記事が書けない」ネタの記事を書いてきましたが、突き詰めたところで結局こういうのって理屈じゃないですよね。

 

正月明けから上手く日常モードに移行しそびれたからなのか、性懲りも無くまたドツボにハマッてます。今まで何度繰り返したかわからないこの状態をその都度分析してきましたけど、結局防ぎようがないというか、マジなんなんでしょうね。もうそういう周期だと割り切るしかないんでしょうかね。こういう状況に陥ると決まって僕はコンスタントにやっていけることのスゴさみたいなのに気付くと同時に羨ましいような感情に襲われるんですよね。「あぁー、なんで僕はこうやって積み重ねていくことができないんだろう?」って。

「とか言いながらそれでも書いてるやーん」みたいなツッコミは無しの方向で。

書いちゃいるんですけどね。苦し紛れで書いててだいぶ複雑な気分です。もっと淀み無い気持ちで書き続けたいんですよ。「うむ、今日も書こうかね。」くらいのテンションで。何言ってるかちょっとわかんないですかね(--;) つまりは納得のいく形で完成させたいのです。ブログとかそういうネット媒介のモノって自分のやったことに対する反応が気軽にもらえる代わりに、ハードルが低いが故にテキトーなことも言えちゃうんですよね。だから取り入れるものは取り入れるにしたって、自分の価値基準みたいなモノが大切になってくると思うわけです。船頭多くして船山登るってヤツにならないように。

 

だから僕は日々「こんなんアップして自分はいいのかおらぁー」みたいな問答を密かにやってたりするわけですよ。するとまあこんな風に自分のお眼鏡にまったく適わない時期みたいなのがあるわけで。やってられませんよねぇー。こんな独り相撲何が面白くてやってんだろ。