やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

フェンダーのニッケル弦を使ってみた

ということで、今回は音楽系の記事。

いつかの記事ではフェンダーのステンレス弦を使ってましたが、この間からニッケル弦の方を使ってるので、それを記事にしようと思います。

Fender super 250's nickel-plated regular

f:id:sinajirou:20180123084337j:image

エレキギターの弦といえばダダリオかアーニーボール、あるいはエリクサーなんかが定番ですけど、他にも種類は沢山あって、やっぱりそれぞれに特色もあります。自分のプレイスタイルや好みの音によって使う弦の良し悪しがあると思うので、いろいろ試してみると面白いと思います。正直、試しても試しきれない感は否めないですけどね(--;)

さて、今回紹介するフェンダーの弦はメーカー内で最もスタンダードな物ですね。フェンダーのギターが工場出荷時に張られる弦もコレなんだそうです。ステンレス弦の記事でも書きましたが、フェンダーの弦は高音の鳴りがシツコくなくて良いというのが僕の印象です。鳴ってるんですけど、耳障りじゃないんですよね。故にシングルコイルのギターとの相性が良いのだろうなぁと思います。僕の場合はフェンダーのギターにフェンダーの弦張ったんだから、そりゃ相性良くて当たり前なんですけどね(--;) やはりストラトキャスターテレキャスターを手掛けたメーカーの作る弦なのだなという感じですね。

 

使うことになった経緯

実は結構前からタイミングを窺ってました。それこそステンレス弦の記事を書いた頃からですね。ただ悲しいかな、僕の近所の楽器屋さんはどこもフェンダーの弦を置いてませんでした。インターネットで買おうにも単体で買うと送料がかかっちゃうし、まだ手元の弦使い切ってないし。そんなこんなで今に至ります。こんなに時間が空くとは思いませんでしたね。

 

実際に使ってみて

思ったより高音ギャンギャンしますね(--;) あのマットとでもいうような高音はステンレス弦ならではだったんだなぁって思いました。それでも他の弦よりはうるさくないです。僕は基本ハイ寄りな音作りなんで、こうやって高音が聴きやすい音だとやっぱりおいしいなぁーとか思ったり。あとなんでか知らないですけど、モチが良いですね。実は張ってからもう1ヶ月近く経ってるんですけど、まだ全然いけそうです。なんでですかね?弾き方とか変わったんですかね。

 

まとめ

「思った通りの音」というわけでもないですが、だいぶ好感触だったなぁという印象です。これからはこっちに乗り換えても良いなって思いました。シングルコイルのギターを弾く人は試して損は無いと思います。あと単純に僕はシングルのシャリシャリした音が好きなんだなと再確認しました( ̄▽ ̄;) 結局は自分で鳴らして気持ちの良い音出てるかどうかで、それが1番大切なのだなと思います。

↓ココからも安いです

サウンドハウス

 

(最終更新:2018/01/25)