やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

没入感と失われていく若さ

本読めました。ちょっとだけ。

小説を読んだ時の没入感はやっぱり良いものですね。いつものことなんですけど、読んでると時間を忘れがちになってしまうので気付いたら日が沈んでたりして呆然としますよね。まあ、悔いは無い。

「歳を重ねると長時間睡眠する体力が無くなる」と言いますが、読書に関しても例外ではないのかなと思います。視力が衰えていくのは勿論ですが、日がな一日活字に向き合い続ける体力というか気力というか、そういうエネルギーも今は「続きが気になる」だけでのめり込むんでますが、そのうち萎えていってしまうんだろうなぁと感じます。今のうちに沢山読んでおかねば・・・・。

ま、そういうエネルギーってどこに向けるかくらいの違いしかないんだろうなとは思いますけどね。勢いのままに駆け抜けていける力を世間では「若さ」と呼ぶんでしょうか。失いたくないような、かなぐり捨ててしまいたいような。打ち込んでいく楽しさは他に変えがたいモノですが、持て余したエネルギーのやり場の無さといったらどうしようもないですからね。ない物ねだりですかね。

各々、今を楽しみましょう。