やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

初めての人にドリップコーヒーの魅力を伝えてみる

関東じゃ梅雨が明けたと思ったら、とんでもない量の雨が降ってますね。

今回は雨の日に飲みたい(?)コーヒーの紹介記事。以前チラっと話していたような気がします。僕はコーヒーを豆からドリッパーで淹れる人なのですが、手間のかかるこの飲み方の魅力を紹介したいと思います。さて、とりあえず一杯淹れてきますね。

ドリッパーで淹れる良さ

淹れてきました。ミルクを切らしていたので今日はブラックです。インスタントコーヒーとか缶コーヒーとか、手っ取り早くコーヒーを飲むなら他に良い手段があるこの頃です。そんな中どうしてわざわざドリッパーでコーヒーを淹れて飲んでいるかといいますと、「それが1番おいしいから」に尽きるでしょう。どういう豆を使うかとか細かい話は尽きませんが、ドリッパーで淹れたコーヒーとインスタントのコーヒーには天と地ほどの差があると僕は思ってます。味の切れ味と言いますか、雑味の無さが段違いです。普段インスタントの人はドリップタイプのコーヒーを試してみてほしいなと思います。大体6杯セットで1000円前後とインスタントよりは値段がしますがお手軽です。そして結構味が違うはずです。

淹れるときにコーヒーの良い香りがする

これは人によって好みが分かれるかもしれません。ちなみに僕は好きな方。お湯を注ぐ時にコーヒーの香りがキッチンいっぱいに広がります。何なら豆を挽く時にも香りが立ちます。僕はコーヒーを飲みすぎて何も疑問に感じないくらいになってしまっているのですが、そうでもない人からしたらなかなか思った以上なようで、誰かに振舞った際に驚かれます。「あぁ~!コーヒーの匂ぃ~~!」ってなります。

 

豆を選べる

「豆を選ぶ」とか言ったらちょっと上級者向けに聞こえますよね。コーヒー豆には主にその産地別に沢山の種類があります。その土地の気候や環境によって味に変化があるので単純にいろいろ飲み比べてみても面白いです。他にも焙煎の深さでもコーヒーの味が変わってきたりしますが、とにかく自分で種類を選べるというのが市販には無い魅力だと思います。

最たるメリットは自分が1番飲みやすい豆を選べることなんですよね。コーヒーの酸味が苦手なら酸味の薄い豆を選べばいいし、苦味が強いモノが好きならそういう種類が自分で選べばいい。自分の細かい好みや飲み方に対応した味を選べる。これはドリッパーじゃないとできないことです。

・・・・やっぱりちょっと玄人志向ですかね(--;) 「何選んだらいいかわからない!」って人はお店の人に聞いてみるのが1番だと思います。その人の要望に合わせて飲みやすいモノをオススメしてくれるはずです。

 

挽きたてが1番おいしい

パンは焼きたて、コロッケは揚げたて、コーヒーは挽きたての豆が1番です。「ブラジルの人とかが手に持ってるコーヒーは豆なのに、どうして淹れる時のコーヒーは粉なんだろう?」とか思ったことありませんか?あの豆は淹れる前に粉々にすり潰されてるんですね。その為の機械がコーヒーミルというやつなのですが、この手間は面倒臭がられるので、しばしば出荷する時に一緒に行われてしまいます。上で貼ったリンクの商品もそうなってるはずです。「カップの上にセットして、お湯を入れるだけ」というのがとにかく楽なのですよね。でも、1番はやっぱりその場で挽いた豆が良いですよね。

僕は豆を挽く作業がそこまで苦でもないのですが、とはいえ一般的にはやっぱり面倒なもんです。コーヒーミルも買わないといけないし。なので、お店で買う時に一緒に挽いてもらうことをオススメします。大体のお店はその場で挽いてくれるはずです。 ただコーヒー豆は挽いてからの味の劣化がそこそこ早いので、挽いてから大体1ヶ月以内には飲みきってしまった方が良いと思います。別に2ヶ月経っても普通に飲めるんですけど、挽きたてほどおいしくはないです。その辺は茶葉と一緒ですね。

 

まとめ

コーヒーおいしいよ、コーヒー。

「 誰でもおいしくコーヒーが淹れられる」という意味ではサイフォンが良いのかもしれませんが、手軽さからやっぱりペーパーフィルターでのドリップコーヒーがオススメです。2000円も出せばとりあえず飲めますからね。僕も1800円だかのハリオのヤツをずっと使ってます。手軽においしく奥が深い。皆さんもメクルメクコーヒーワールドに足を踏み入れてみてはいかがでしょう?

 

僕が普段使っているものです。アマゾンは安いですね。一度に沢山淹れて日に3杯くらい飲んでます。 

 

ドリッパーから豆を保存する容器まで、一式がセットで買えます。 ドリッパーの部分だけを直接カップの上にのせられるので1杯単位でも淹れられます。ここから初めてみるのがオススメ。

 

型は古いですがこれを使ってます。豆から挽きたい人はこの辺がお手頃かなと思います。そろそろ買い換えたい。リンクは貼りませんが電動のモノがあるので、そっちの方が圧倒的に楽ではあります。ただ値段が高いです(--;) これこそ玄人志向ですね。

 

(最終更新:2018/07/06)