やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

読書中間報告

わざわざ銘打って記事にするほどでもないですけどね。

今から大体1ヵ月前ですかね、今年も秋がやってきたということで読みたい本をリストアップして記事にしていましたね。昨年は結果的に読破はしていましたが、秋の内には1冊も読むことができなかったということでリベンジを掲げていました。今回はその中間報告的なのをやろうと思います。

というわけで、今年も全く読めていません。

んー。どうしてですかね。少なくとも記事を書いた頃は比較的読めていたんですよね。そこから約1ヵ月、あれやこれやとわちゃわちゃしているうちに気が付いたら全く読まなくなった状態でキレイに本棚にしまわれています。しまっちゃうオジサンでも通りがかったのでしょうか?

 

そもそもとして、僕の生活の中に本を読む習慣が無いというのが問題ですよね。中学高校と何だかんだ本を読む機会に恵まれた僕です。最近は何気ない空き時間もスマホをイジって過ごすようになりました。持ち歩いていた文庫本が開かれることはなく、気付いたらカバンの中からも姿を消していました。当時はガラケーでしたし、おそらくスマホに限った話じゃなく、いろんな場面で読書に代わる時間の過ごし方を見つけてきた結果なのだろうと思います。それが良いとか悪いとかじゃ、ないんですよね。

 

それでもどうにかして本を読もうとするのは、やっぱり好きだからなんですよね。頻度が少なくなってしまっても、活字を貪っている時のあの没入感を味わっていたい。それにこういうインプットの機会もなるべく大切にしていきたいとも思います。読書だけじゃないですけどね、インプットを怠っていると引き出しの中身が偏ってきてしまうような気がします。別に根拠は無いんですけど、いろんなモノを貪欲に取り入れていきたいです。

そんなわけで、読書の時間はしっかり確保したいところなんですけど、てんでダメな現状ですよね。どうにか巻き返していきたいと思います。後半へ続く。