やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

最近のブログの収益事情とそこから思うこと

どうも、相変わらず収益は伸び悩みます。

始めてから1ヶ月とか半年で成果を挙げていく人達がいますけど、あれは何なんですかね。やっぱり天才肌なのでしょうか。「やり方が上手かった」と言ってしまえばそれっきりなのですが、それでも羨ましいなと思っちゃいます。それとも、そういう人達でも「今のブログを始めてから」という注意書きなだけで、そのブログを始めるに至るまでに修行期間のようなものがやっぱり存在しているのでしょうか?ツイッターでたまに見かける胡散臭いアカウントの人達は除いたとしても、そういう人が一定数いるのは事実みたいですし、だからアフィリエイトは夢があるみたいなところもありますからね。僕もそういうところからブログを始めている節もあります。だからこそ、僕と何が違うんだろうって考えるんですけどね。

 

1番は、こんな記事書いちゃってるあたりなのかなとも思ってます(--;) 薄々気付いてますよ、えぇ。最近のアフィリエイト事情といいますか、ルールの読めないグーグルの検索順位にもそれっぽい方法論はぼんやり見つかり、読みやすさから収益の上がりやすいサイトメイキングにも鉄板と呼ばれるようなものが生まれています。それら先人の知恵に乗っからず、やりたい放題書いている僕のサイトに収益が生まれないのはむしろ必然とも言えるでしょう。正直、どんな方法でも沢山記事を書かないことには始まらなかったという経緯もあるんですけどね。

 

最近はというと、むしろこのサイトの安定感は増していっています。アクセス数も始めた頃とは段違いですし、報酬の発生頻度もラッキーパンチと呼べるほどでもなくなってきました。具体的には「ただ沢山記事を書いてきただけ」なのですが、沢山書くことによって数字に変動は現れるし、そこから得られるデータを元にちょっとした小細工くらいはできるんですよね。ひとえに「継続は力なり」というヤツです。おそらくブログに限った話ではなく、あらゆるビジネスに適応されることなのだろうと思います。

 

なので、気になります。僕にとっての正攻法は今のところ「沢山記事を書くこと」になるのですが、他の人たちはどうやって収益を伸ばしているんでしょうか?狙い澄ましたようにピンポイントに、トントン拍子とでも言うように収益を挙げていくそのカラクリを、僕もそれくらいになる頃には知っているのでしょうか?