やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

新しさを求めていく

stack-dot-com.hatenadiary.com

 

こんな記事を書いてから気付けば半月が経とうとしています。今日もコーヒーを淹れてから席に着いて、はてなのページを開いて。管理画面と自分のページを2つのタブで開いて、自分のページの方から「記事を書く」をクリック。編集画面に切り替わます。

何か取っ掛かりを掴むためにまずはひと言。そのまま記事の掴みになってくれるようなひと言を放り出そうとして、そのまま手は動かなくなります。「俺、どんな風に記事書いてたっけな」って過去のページを振り返って。結局何もヒントを得られないまま、元のページに戻ってきて。「書かなきゃだけど、内容浮かばない」って。

 

何回こんなことして記事書いてきたんでしょうねぇ。気付けば230記事で、そりゃ引き出しも底をつきますよ。だから新しいことをしようって思ったんじゃないですか。やり方を変えようって。そんなの甘えってわかってるけどそれでも新しいモノを貪欲に取り入れてみようって。なのに結局やってることは同じって、それじゃあ折角書いた記事がただのその場しのぎにしかなってないじゃないですか。

 

こんなんじゃあダメですよ。そりゃ新しいことやるのはエネルギーが要るし、今までやってきたことがあるだけにハードルも高いですよ。でもそんなの気にしちゃあいけない。今までだってそうやってきた。だからこそ、ここで「いつものやり方」なんて物を選んじゃいけないんだ。いつまでも「今までに無いやり方」を。長く続けていくからこそ新鮮味を失っちゃあいけないんだ。そう思って、記事書いてたはずなのにね。

 

・・・・挑み続けていきたいですな。