やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

外国語を学びたいとぼんやり思う

英語とは言わないですけど、外国語を扱えるようになりたいなと思います。

急に意識高いような記事になりますが、そう思うのです。遡れば電脳系の記事でvisual studio が上手くインストールできなかった話が出てくるのですが、解決策を探していた時に英語のページがいくつかヒットしていたんですよね。何となく読めないこともないんですけど、イマイチ容量がえられないんです。「言葉を知らないと可能性が狭まる」みたいな話は理屈としては知っていたのですが、こういうことかと実感したんですよね。読めたところで問題が解決したかはさておき、間違いなく取れる手段は増えたはずなんですよね。

 

こんな風に、言葉を知っているだけで広がる可能性とか世界ってきっともっと沢山あるんだろうなって思います。言葉を知っていたならば、出会えたかもしれない人とか、得られたかもしれない機会とか、見つけられたかもしれない場所とか、そういうモノが沢山あったと思うとなんだかもったいないと考えるようになったんですよね。

日本という国では、英語の勉強が必須とはいえ、英語を習得せずとも大学までの教育課程を修得できます。僕らからすれば当たり前なのですが、世界的に見ればこれは珍しいことなんだそうです。母国語に翻訳されている教科書が少ないので専門的な知識を得ようとした時に英語の習得が不可欠なんですね。世界における日本の翻訳書の多さは異常なのだそうです。ゆえに、日本語だけで不自由なく暮らせてしまいます。だから、取りこぼしている可能性の存在に気付きずらいんですよね。

言語を学ぶことで、今の自分には見えない世界が見えてくるというは、何だか夢のある話だなと思います。