やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

step5:クレジット払いを減らしていく

ここのところ詰め込んだ内容が多かったので、今回は緩めなことを書いていきます。

この貯金生活のタグでは「クレジット生活からの脱却」という目標を掲げているので、お金を貯めていく一方で、クレジットカードをなるべく使わないような生活も目指していきます。

別に必ずしもやめる必要は無いと僕は思うんですけどね。使い勝手は良いだけで無くなるお金は一緒だし、むしろポイント次第じゃ安く済むことすらあります。ただ「金銭感覚が無くなりやすい」というデメリットが存在していて、今回の取り組みでは「自分の金銭感覚をいかに正していくか」というのがネックになっているので、最終的にはクレジット払いに落ち着くとしても、一度まっさらな状態に戻してみようかなと思った次第です。

 

で、少しずつクレジット払いを減らしていく生活をしているのですが、手元のお金が減ってく減ってく。当たり前ですよね、それまでクレジットカードを併用しながら自分の手元にあるお金も1ヵ月で使っていたのですから。1つにまとめたらそりゃ無くなるスピードも変わります。「いかに、自分がお金を使っているのか」ですよね。別に好き放題使っているわけではないし、無駄遣いするようなタチでもないのですが、それでもここ数年で僕が使うお金は少しずつ増えていたようです。

そしてもう1つ実感したのが「後払いの怖さ」ですね。「怖さ」とか言うと語弊が生まれるかもしれません。当たり前ですけど、クレジットカードは基本的に後払いです。後払いでお金を払う頃には何にどうお金を使ったかなんて忘れてるんですよね。1ヶ月ごとに明細になって使い道が出るので、ある意味ではとても管理しやすいのですが、「その時使った感覚」というのが1ヶ月の中で薄まり混ざっていってしまう。「金銭感覚が無くなりやすい」というよりは「金銭感覚が薄まりやすい」と言った方がより的確なのではと感じました。

 

もちろん、その辺の感覚がしっかりしている人であれば何も気にする必要はないのですが、「自分の感覚を精査しなおす」のであれば一度原点に立ち返ってプリミティブなやり方から始めた方が良いのかもなぁと思います。・・・・やっぱりデビットカードが1番ということなんでしょうか?