やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

年末までにやりたいことをやりきれたか反省会

stack-dot-com.hatenadiary.com

はぁーい、反省会の時間でぇーす。

年は明けまして1月も16日。半分が過ぎました。正月ムードもさすがに無くなったことでしょう。ここで、年末に差し掛かる頃に書いていたやりたいことリストがちゃんとできたか振り返ってみましょう。はい、ドン。

大掃除できなかった

できなかったね、大掃除。去年はできないまま帰省しちゃって、年が明ける前で時間が止まった部屋に帰ってきて今年は大掃除しようって決めたのにね。ピッカピカにしてやろうって思ったのにね。まあ今回は年末になって突然のっぴきならないトラブルが起こってたりと仕方ないといえば仕方ない感じでもあるんですけどね。あと申し訳程度に掃除はして帰省したし。33点で赤点回避と言えなくもない感じでした。

断捨離もできなかった

これは完全に言い逃れできない。まるでできなかったよね。ハードオフに売りに行こうと思った物が今もそこに転がってる。ちなみに皆さんは物を捨てられる人ですか?自分の部屋とか家って漁ってみるとけっこう要らない物とか出てくるもんなんですけど、「使わないから」と処分するのって意外と難しかったりするんですよね。個人的には箱です。ゲームとか家電って修理に出す時に買った時に入っていた箱が必要なことがあるんですよね。これがなかなか見切れない(--;) 持っといてもスペースとるだけなんで処分したいけど、もしかしたら使うかもしれない・・・・。とかね。愛着があったり、まだ新品で使ってなかったり。ついつい押入れが物で溢れてしまいますね。

ダウンジャケットは買えた

服こそ捨てられなかったりします。というか、いつまで経っても着てるんですよね。よれたシャツとか。

じゃなくって。買えました、ダウンジャケット。帰省してひと段落するやいなや、時間を見つけて買いに行きました。あんまり何度も吟味する時間は無かったので半ば消去方のような感じで決まりましたが、年末セールもあってなかなか良いモノが手に入ったなと思います。「ちゃんとチャックが閉まる。」これだけでもう僕は十分です。5年6年、いやもっとでしょうか。今まで僕を風雪から守ってくれたダウンには厚い感謝を込めてさよならしました。ありがとう、また何かの因果で巡り会う日まで。

とまあ

年末年始、終わってみれば結構何もできなかったんですよね(--;) やったことといえば一挙放送の逃げ恥を全話観たくらいです。僕これが初めてだったんですよ。朗らかに楽しめました。ダラっと過ごすのが恒例みたいなとこはありますけどね。もうちょっといろいろあっても良かったんじゃないかなぁとか思ったり。ないものねだりですかねぇ。

努力は、必ずしも報われない。

努力が必ずしも報われるとは限りません。

自分が信じてやってきたこと、積み重ねてきたことは基本的には裏切りません。ただ、それが報われるかどうかはまた別の話なんだなぁと思います。

今日からセンター試験だそうですね。この2日間で全国の高校三年生の1年間、いや3年間、あるいはそれ以上の月日が試されます。僕がセンターを受けたのはもうずいぶんと前の話で、今ではすっかり思い出になってしまっています。苦く、酸っぱい思い出です。「あの時もっとやっておけば良かった」とか「どうしてもっとできなかったのだろう」なんてことは当時も今もあんまり思いません。僕はただ無力でした。

僕なりに考えたこと、やったことはもちろんありました。それは確かに僕の力となっていたし、そうして打ち込んだ過程はちゃんと今への糧となっています。でも、それでも僕はやっぱり無力だったし、重ねた努力に意味があっても「だから良かった」なんてことは冗談でも言えません。失敗は失敗で、敗北は敗北です。僕はそれでいいと思います。自分の力が及ばなかった結果に、成果を見出して中途半端に美化したところで、何にもならない。たとえ打ちのめされてしまっても、結果を結果として受け止めて、自身の身の丈を知る時、初めて見えてくるモノがあるんじゃないかと思います。

2018年にやりたいことリスト

今週のお題「2018年の抱負」ということで。

先日の挨拶の記事で抱負っぽいことを語ってしまいましたが、お題ということで改めて書こうと思います。といっても前と同じことを書くのもアレなので、今回はもう少し具体的なことを書こうと思います。ではさっそく。

沢山本を読む

これはもうほとんど言ってるだけみたいな感じになってますね(--;) 毎年高らかに宣言しながら結局数冊も読めないまま年末を迎える光景が目に浮かびます。でも僕は負けません。たとえ読めないままであろうとも読みたいという意思まで失ってしまってはいけないと思うのです。故に、今年もまたここに宣言しようと思います。

今年こそは!沢山!!本を読みます!!!

去年は昔読んだ本を再読することが多かったので、今年は読んだことのない本を読んでいきたいですね。いろいろ開拓していけたらいいなと思ってます。

 

ギター上手くなりたい

逆にこれはもうわざわざ書く必要も無いんじゃないかってくらいの内容ですね。最近少し気持ちが離れているとはいえ、結局今年も弾き続けてるんだろうなって思います。今年はもう少しじっくり練習する時間を作れたらいいなと思います。去年からそんなことは思ってたんですけど、結局時間が取れないままだったので、今年は疎かだった基礎練から積み直す作業ができたらいいなって思います。カッコイイギターソロ弾きたいですね。

 

自炊する頻度を増やす

1人暮らしを始めた頃はやっぱりがんばるんですよね。でも年々外食頼りになっていってしまうものです。ここらでストップをかけたいなと。経済的だし健康的だし、時間が取られることを除けば良い事ずくめ。まあその時間こそが最大のネックなんですけどね(--;) 料理に限った話じゃないんですけど、こういう家事を自分でこなすことって単純な生活力以上に意味があることなんじゃないかなと思ってます。「自分のことを自分でやる。」その行為の中に自身を見つめ直すというか、ある種の毛づくろいのような要素があるんじゃないかと思ってます。こう、やっぱり気持ちが良いですよね。逆にままならない時は荒んでるんだなぁーって思ったり。

そういう意味でも1つ1つやっていきたいなと思います。

 

じっくりと時間を過ごす

結局はこれに尽きるんじゃないかなと思います。目の前のことを1つ1つ、じっくりとこなしていく1年にできたらいいなと思ってます。そうは言っても結局目まぐるしく過ぎていっちゃうもんなんですけどね。時間は待ってくれないですからね。どうしたっていっぱいいっぱいになっちゃいます。それでも過ぎていく時間に流されっぱなしじゃなくって自分の足で歩いていけたらいいなと思います。

 

そんな感じで

結局ちょっと抽象的になっちゃいましたね。今年もそれなりにがんばって生きたいと思います。改めて、今年もよろしくお願いしますね。

毎日の裏側で「当たり前」は人知れず蠢いている

やっぱり僕の行き着く先はヒキニートなのかもしれない・・・・。

とか、今更言ってみたところでどうしようも無いですけどね。

何となく、僕が何の気なしに暮らしているこの毎日の裏側で、誰かが新しい発見をしていて、それは必ずしも僕の知っている常識と一致するものではなくって、そういう意味じゃ僕の知っているのは世界の一部分だけなんだなと感じます。当たり前だけど教科書に書かれていることがこの世の全てじゃなくて、教科書に載ってないあれやこれやは今日も人知れず日々を担っている。そのことに目を留める人は少なからずいるけど、きっとそれは全員ではない。

当たり前と言えば当たり前なこんな現実も、ふとしたことで再認識するとずいぶん違ったもののように見えますよね。いろんな「当たり前」があって、それの全部に気が付けないまま僕は死んでいく。ちょっと悲しいですね。そんなことを感じたのでした。

新年の挨拶

明けましておめでとうござます。

また新しい1年間が始まりました。今年は2018年ということで、平成も終わるし、気が付けばこんな年号まできてしまったのだなぁといった印象です。未来ですよ未来。まぁそんなこと言ったら21世紀な時点でもう既に未来な気はしますけどね。

とはいえ、日々は続きます。このブログ的には去年と同じように、自分に見合ったペースで続けていけたらいいなと思ってます。まずは途切れないように。余裕があれば商品紹介系の記事を増やしていきたいと思ってます。今のアクセスアップの大きな柱ですからね。

個人的には原点回帰を計る1年にできたらいいなと思ってます。去年は僕にとってイレギュラー的といいますか、何かと今までのやり方から逸脱する1年でした。それによって得たもの失ったもの、学んだ事がそれぞれあったのですが、とにかく普段の僕からはけっこう遠いところまで来てしまった。なので一度軸を戻したいなと思うのです。一旦戻って落ち着いて、僕が踏み出した方角はこれで良かったのか、見つめ直す。そうしてから、また一歩ずつ歩き出す。そんな1年にできたら良いなと思います。

僕という人間は基本的に要領が悪いです。なので、そういったところで相変わらず今年も謝ることがあるかもしれませんが、それでも気長に付き合っていただけたらとても嬉しいです。

また1年間、よろしくお願い致します。

少し早いけど12月の運営報告をする

どうも、このサイトも年末進行です。ちょっと早いけれど、やってしまおうと思います。

とはいっても、今月は先月と打って変わって新しくした部分があるので、逆にそこまで断定的なことを言えないんですよね。変化した部分と、それに対する現状の経過報告をする形で振り返ろうと思います。

広告の貼り方

何といってもまずはこれですね。ページごとに細かく広告を貼る形に切り替えました。これによって単純にページあたりの広告の数が増えたので、今月は広告の表示回数が跳ね上がってます。それに比例して報酬額も先月より上がっていますね。アドセンスでは、クリックされなくても広告の表示回数に応じて報酬をもらえたりするので、そりゃそうなるだろうなって感じです。ちなみにクリック数も先月より上がってます。まあ嫌でも目に入る場所に貼ってますからね。やっぱり今までの貼り方は良くなかったのかなぁと思いました。

 

デザインCSS

ページのレイアウトも少しイジってました。これに関してはわかりやすい変化でもないし、結果が出るとしてももっと長期的なんだろうなぁと思います。だからこそ、大切にしたい部分でもありますけどね。記事を書いた時には細かく「<br>」とか入れてましたが、結局はそんなに使ってませんね(--;) 改行の方法が2つあるのはなんだか統一感が無いような気がしてしまって、やっぱり今まで通りな感じになってます。

アイコンとか画像関係のやつはいい加減何かしらセットしたいですね。案外良いのが無いんですよねぇ・・・・。

 

アクセス数

現在、月間のアクセス数は200を越えてまだ伸び続けています。1日のアクセスも5件を下回る日は少ないです。圧倒的安定感。報酬額が広告の貼り方で変わったのはあると思いますが、それ以前にこの安定した集客率が直結しているのは明らかでしょう。なんで今月はこんなに好調なんでしょうか。やっぱり「100記事」というターニングポイントがあったんでしょうか。真相は闇の中。ただただ数字だけがついてきます。

これは別の話ですが、今月で遂にアクセス元のサイトのトップがgoogleになりました。8月くらいに掲げた「検索エンジン経由のアクセスを増やす」試みがやっと形になってきた印象です。まあバイタルオーディオの独壇場なんですけどね(--;) 最近よく実感しているのですが、ブログにアクセスを集める「主力記事」とでも呼べるような記事は、書かれてから検索エンジンでアクセスが集まるようになるまでに時間差がありますね。今だんだんと集客数を増やしている「L' mat」の記事もそんな印象です。今後はこれらに続く、これらを上回る記事を増やしていけたらいいなと思ってます。

 

まとめ

具体的なことを何も言わないまま、まとめです。100回を超えるあたりから急に安定感が出てきたのは本当に謎なんですよね。今月はいろんなことが変わった月でした。問題は来月以降もこれが続くのかどうかです。それ次第でわかってくることがあるでしょう。まあ、様子見ですよね。来月もこの調子でいこうと思います。

最後になりましたが、今年は1年間、お世話になりました。また来年も、この場所でお会いできることを楽しみにしております。それでは、よいお年を。

今更 BOSS BD-2 「ブルースドライバー」を紹介してみる

どうも。今回は久々に音楽系ということで BOSS の BD‐2 ブルースドライバーを紹介したいと思います。別に新しく買ったわけでも何でもないですけど、そこそこ使ってるので参考になる部分もあるかなと思われます。

ブルースドライバーという歪み

f:id:sinajirou:20171223103801j:image

 ブルースドライバーは俗に言う「オーバードライブ」というエフェクターに分類されます。エレキギターの音を歪ませて「ジャーン!」って音を出す「エレキギターといえばあの音」という音を奏でるためのエフェクターですね。エレキギターを語る上では欠かせないモノです。そのため歴史が深いは種類も多いはでそれはそれは大変なんですが、このブルースドライバーは1995年と比較的最近に生まれた機種らしいですね。その名の通りブルースギターのプレイヤーに向けて作られたモノでジャキッとしたトレブリーな歪みが特徴です。その煌びやかな高音域がブルース以外のジャンルでも受け入れられ、今では OD-3 や SD-1 と並ぶ BOSS のオーバードライブのベストセラーになっています。

 

僕にとってのブルースドライバー

ブルースドライバーはニッチなコンセプトで作られたのに対して、非常に汎用性が高いことで有名です。通常の歪みとして使えるのは勿論、キツめに歪ませてディストーション寄りなリードサウンドにしても良し、ボリュームを上げてブースターにしても良しと、一台でだいぶ幅広く使えます。僕はといえば、やはりメインの歪みで使っていますね。音作りをしようという時に1番最初にイジる所。僕の音作りの基盤です。まずブルースドライバーで作ってからそこにいろいろ足していくようなそんな使い方をします。なので基本的に歪ませ過ぎることは無いですね。

f:id:sinajirou:20171223103753p:image

gain は9時から11時くらいにしてしまって、後は tone で調整することが多いです。ちょっと書き過ぎましたね(--;)

 

好みの別れる音かもしれない

ついさっき「汎用性が高い」なんてことを言いましたが、それが好きな音かどうかはまた違う話になってきます。ブルースドライバーはジャキッとした高音域が魅力。裏を返せば、チャキチャキした音が苦手な人にはそこまでハマらないかもしれないんですよね。僕は生粋と言っていいくらいそういう音が好きでして。コード弾きが多いってこともあるのかもしれませんが、シングルコイルに柔らかく歪ませて釈迦釈迦弾いていたいようなそんな好みなんですね。だからそこまで歪ませなくてもキリッと輪郭が出てくれるブルースドライバーはどんぴしゃだったわけです。「伸び上がっていくようなリードソロの音が好き」とか、「殴りつけるような重たい歪みが欲しい」みたいな人にはそんなに向かないかもしれません。とはいえ、有名なエフェクターですから、一度は使ってみるのも手だとは思います。

 

こんな感じで

僕の愛機の紹介でした。多少は参考になるでしょうか?後で知りましたが、ブルースドライバーは初めて持つ歪みに勧められたりもするそうですね。そういえば僕もそうでした。ギターを始めてから最初の誕生日に友人から贈られたものをずっと使っています。だんだんガタがきてます( ̄▽ ̄;) 当時はマルチを弾いていたのですが、ブルドラを繋いだ時の音の良さに「これがアナログの音かぁ」と高ぶったのを覚えています。いろんなノブをイジり倒して3時間くらい遊んでましたね(笑) 好きな音はやっぱり飽きませんね。これからもこれと遊び続けていたいなーと思います。