やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

思ったこととか

読書の秋を振り返って

サボテンとかネタ切れとか言ってるうちに12月も中旬になりました。すっかり冬ですね。粉雪舞う季節です。レミオロメンです。 木枯らしとともに過ぎていった秋でした。いろいろ目標を掲げていたような気もしますが、どうなったかと言いますと、今年は意外と本…

生活によって使う言葉が偏っていく

これって個人的にはなかなかの発見だったんですけど、当たり前といえば当たり前なんですかね。 「新しいことを」とひたすらに言い続けていたこの頃ですが、いろいろ初めていくにあたって当然知らない単語を知ったりするわけです。でも、それだけじゃなくって…

勉強ができないことについて

どうせできないので、せめて記事にしてみようかなと思って書きます。 突然ですが、僕は勉強ができません。その悩み自体は特別不思議なことでもないのですが、何と言ったら良いのか、勉強をするということによくわからないハードルのようなものがあるように感…

動き出すことに理屈なんてない

「あれが手に入ったら僕は何々ができるようになる」とか、何かが達成されるためにある条件のようなものって、きっと幻想なんだなと思います。 いつかもこんな内容のことを書いた気もします。いつのことだったかは覚えていません。探してみようと過去の記事も…

いつか、白シャツを1枚で着れなくなっていく

「プライベート」なんて言葉を使うとなんだか、わざとらしい気がしますが、何でもない休日の日でも白いシャツを着て過ごすことが増えたなぁと思います。 いつから、なんて境目はきっと無くて、年を経ていく過程で何となく普段着に白シャツを取り入れていくよ…

植物を育てはじめた

「何か新しいことを初めてみたい」とそんなことを言っていました。 実はそこそこ前から頭に浮かんではいた発想だったのですが、植物を育てはじめました。前々から彩りの無い部屋に住んでいるなぁとは思っていたのです。ちょっとした緑があったらもう少し良く…

僕的鉄板リラックス方法を挙げていく

今週のお題「リラックス」ということで、久々にお題に沿って書いていこうと思います。 と言っても、僕が普段やっているようなリラックスはそんなに捻りのあることじゃないんですけどね。それでも良ければご参考にどうぞ。 その1:コーヒーを飲む 出落ち感。…

おもしろくなりたい

おもしろくなりたいです。 「おもしろくなりたい」なんてそんな「クラスの人気者になりたい」ばりに小学校の教室の置いてきたような願望をこの歳になって抱くなんて・・・・。 いや、いつだったかこんな記事書いてたじゃないですか。 あれ以来、自分なりに何かそ…

手帳を新しくしました

というわけで、今回はタイトル通り。11月になったので手帳を新しくしました。 毎年この季節になると、書店には手帳が並び、並んでいる手帳も10月でオシマイになっているものが多いので、このタイミングで手帳を買い換える人が多いと思うのですが、どうして11…

停滞する僕の秋

今年の秋はビックリするほど何もできていないです。 どうも、少しの間ですがご無沙汰していました。前回の記事でも本が読めないことを書いていましたが、今回はもっとスケールの大きな話。ひょっとしたら僕は秋になってからこれという何かをまだ何もやってい…

読書中間報告

わざわざ銘打って記事にするほどでもないですけどね。 今から大体1ヵ月前ですかね、今年も秋がやってきたということで読みたい本をリストアップして記事にしていましたね。昨年は結果的に読破はしていましたが、秋の内には1冊も読むことができなかったとい…

窮屈な日常で暮らしている

「自分にできることを挙げてみよ」と言われると、できることよりできないことの方が沢山浮かんできそうな僕です。 「あんなことができたら面白いのに」「こんなことができたらもっと楽に生きていけるのに」とか絵空事を考えながらも、そうじゃない毎日を生き…

何も手に付かなくなる時がある

身が入らない時の僕は一体何を考えているのでしょうか? 「調子の悪い時期」とか「何をやっても上手くいかない時」みたいなのってありますよね。イワユル「そういう時もありますよ」って慰められるその「そういう時」です。自覚的にせよ無自覚的にせよ、僕に…

僕的堕落論

今日はこれというような書きたい内容も浮かばないので、久々に書きたいように書き殴っていこうかなと思います。 堕落とは甘美なモノです。努力と精進を廃し、己が欲望に身を任せる。考えることを止めてただ思い浮かんだことをそのまま行動に移していくのはど…

変わらない日々を願っていた

「変わっていくことが悲しい」と、わりと最近まで思っていました。 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。平家物語が語り継がれた時は今から何百年前の頃だったでしょうか。僕なんかが生まれる遥か昔から「変わらない物など無い」と詠われていたにも関わら…

秋だしご飯くらいゆっくり食べたい

ゆっくりご飯を食べる時間を作っていきたいと思います。 どうも、365日いつでも時間が無いと嘆いているでお馴染み、スタックです。「時は金なり」なんて標語を生きていれば一度は耳にするこの世の中です。時間というモノ僕らにとって有限であり、かつ換えの…

数少ない僕の手帳術をご紹介

今週のお題「わたしの手帳術」と、いうことで。 お題に沿って書くのは久しぶりってお題に沿って書くたびにそんなことを書いている気がします。「手帳術」と言われてしまうと僕が使っている手帳術のほとんどがこの本に由来してしまうのですが、 夢をかなえる…

謙虚でいたい

今回はタイトル通りの内容になっています。謙虚でいたいです。 この頃どういうわけか気が大きい。かというと、それほどでもないのですが、どうにもこうにも口が軽くなっている気がしています。これは良い傾向とも悪い傾向とも捉えることができる僕自身におい…

失われたモノをきっと取り戻せるこの世界

「嫌なことがあったら、その分どこかで良いことがあるさ。そうやって帳尻合わせがされるように世界はできてる」というのが僕の持論の1つです。 いつからそんなことを考えるようになったのかは覚えていませんが、そういう風に世界はできているんだろうなと思…

昔話しかできない自分になってきていた

僕はいつまで昔の話をしているんだろうなと思いました。 時代は日々刻々と移り変わっていきます。その時にはその時の、状況に合わせた生き方というモノがあるものです。どっかのつぶやきでも見かけましたが、自分の中の常識をアップデートしていくことを怠っ…

才能が必要なのだなと感じる

やはり、才能は必要なのだなと思います。 「自分には才能があるのか」という命題を考えたことが無い人というのはあんまりいないのではないかと思います。小学生の時に短距離走で足の速いヤツはいたし、中高生では目茶苦茶勉強ができるヤツがやっぱりいました…

200回目の挨拶

こんにちは、このサイトもついに200回目の更新を迎えることになりました。 本来は8月中に迎えるはずだったのですが、僕の都合でずれ込むことになりました。奇しくも僕が3年前、ブログを始めたのもちょうどこの時期だったかと思います。せっかくの大台です…

選択肢を減らしていかなければなと思う

兎にも角にも時間が足りないこの頃です。 キャパオーバーといえばそうなのですが、最近になってそもそも貪欲にあれもこれもと抱え込み過ぎているような、そんな印象を持つようになりました。「俺、やろうとしていること多過ぎない?」って。昔から何でも自分…

9月になったのでリハビリを開始します

9月に入りました。ハロー、セプテンバーさん。 とんでもなくドタバタしていた8月ですが、昨日あたりまで尾を引いていました。いや、今日もかな?(--;) これに懲りて9月は極力予定は入れないようにしているつもりです。無意識に予定を詰め込んでしまう癖…

思い入れが僕らを不自由にする

その対象が人であれ物であれ、大切であればあるほど割り切れない事が増えていくのだろうなぁと思います。 「情が移る」なんて言葉もありますが、人が何か癇癪を起こしたり納得できずに文字通り感情的になる時、そこにはいつも思い入れがあるのかなと思ってい…

気付いたら200回近くまで更新していた

今月ももう下旬なのですね。この調子でいったら年末がやってくるのもそう遠くはなさそうです。 このブログも気が付けば195回目の更新ということで、200回目の更新がすぐ目の前まで迫ってきています。本当だったら今月中に200回目を迎えておめでとう!だった…

あったかもしれない「今」が愛おしい

たられば、もしも。あの時こうしていたならば。 考えたって仕方が無くても想いを馳せてしまうことが増えたような気がします。可能性という意味じゃいつまで経っても無限大ではあるのですが、こうやって選択を繰り返してきて、今になって自分が通ってきた岐路…

学校に行きたくない自分とどう付き合うか

全員が同じように学校へ出掛けていくというのは、それはそれで気味の悪い光景なのかなとも思います。 なんというか、そりゃまあ「道」を踏み外す人間は少ない方が良いわけで、そういう人が身近にいたならば、極力踏み外さないように引き止めることでしょう。…

考えることを減らしていきたいと思う

余計なことに頭を使いたくないなぁなんて思います。 何も考えないでただ漠然と過ごしていくような毎日はさすがにお断りですが、考えることがありすぎる毎日というのもいかがなものかと感じます。人間の頭ってCPUみたいにできてないんですよね。クアッドコア…

公約を達成していくことが難しい

「これをやる」と言ったことをキチンとやっていく人はスゴイなぁと思います。 公約を達成しない政治家とか、そういう話じゃないですけどやると決めたことをキッチリこなしていくことって結構大変なんですよね。子ども頃は純粋な心で「どうしてお父さんはよく…