やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

謙虚でいたい

今回はタイトル通りの内容になっています。謙虚でいたいです。

この頃どういうわけか気が大きい。かというと、それほどでもないのですが、どうにもこうにも口が軽くなっている気がしています。これは良い傾向とも悪い傾向とも捉えることができる僕自身においての1つの変化なのですけど、とかく「口は災いの元」と言います。人と喋るのは良いのですが、余計なことはあんまり言いたくないのです。

 

どうすれば必要以上を喋ることなく人とコミュニケーションを取ることができるのでしょうか?というところで今回の本題が出てきます。自分の心の懐の内に、いつも謙虚さをしまっておきたいなと思うのです。極端に言えば「うしろめたさ」と言い換えてしまってもいいかもしれません。「自分の発言が間違っているかもしれない、余計なことかもしれない」という疑いを捨てずにいたいのです。そうすれば無用な発言を避けることができるのではないか、喋るべき時だけに発言を抑えることができるのではないかと思うのです。

何も会話に限ったことじゃないですね。行動とか、過ごし方とか、人との接し方において、そういう部分が最近忘れがちなのかなと思います。どうにか、持ち直したいです。