やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

サボテンの経過報告

今日から12月ということで、気付けば1年が終わっていきますね。締め括り、気合を入れて気分もそこそこに行きましょう。

今回は植物の話。

前回は植え替えをしてから水をあげたところまででした。あれから2週間(早い!)経ちましたが、その間に気付いたり調べたことをまとめておこうと思います。備忘録的なヤツですね。

経過観察

しばらく経ちましたが、今のところは相変わらず変わりない風です。気になった所といえば、この時期は冷え込むので鉢が結露するところですね。窓際の日向にそのまま置いているのですが、下の木をダメにしそうでちょっと怖いです。鉢をのせる小さな台みたいなのがあったらいいなって思いました。

他にはサボテンの針の先が少し茶色くなっていました。検索してみると「日焼け」や「葉焼け」などワードがヒットしました。植物も日焼けするんですね。でも、該当する変化があるわけでもなかったので、これらとは違うようです。どうあれ、植え替えとか環境の変化によるモノなのだろうとは思います。まぁ、経過を見ていくしかできないんですけどね(--;)

 

植え替え時期

針先が茶色がかったことについて調べているついでに、植え替え時期のこともわかりました。僕が育てている金盛丸は年中植え替え可能なのですが、成長時期のことを考えると、やはり春に植え替えを行うのが望ましいようですね。基本的には春から秋にかけてが成長期で、その始まりのタイミングで植え替えを行うと根が馴染みやすいのだそうです。まあ、買ったばっかりの状態のまま春まで待つのもどうかと思うのですけど、次から気をつけたいですね。

ついでなのですがこの「金盛丸」、「きんせいまる」と読むそうですね。初心者丸出しで恥ずかしい限りですが、何と読むのだろうと思っていたのです。「かなもりまる」とも「きんせいがん」とも読めるし、何とでも読めそうでよくわからなかったんですよね。正しい名前が知れてよかったです。

 

まとめ

初めてのこと、というのもあるのですが、ついつい愛ですぎてしまいますね。よくわからない愛着に目覚めているこの頃です。こういうのってあまり触りすぎるのは良くないんですけどね。植物も同様かはわかりませんが、基本的には思い出した頃に面倒を見るくらいでいたいと思ってます。いつになったら落ち着くんでしょうか。