やぎ座のヒトリゴト

僕の思ったことを書いていきます。雑記ブログです。

クリスマスの過ごし方が手探りになった

どうも、クリスマスイブですね。

今年は23日の天皇誕生日が日曜日ということで、今日は振り替え休日。世間的にはクリスマス一色。幼い頃なら12月に入った途端、クリスマスイブまでの日数を数え、まだかまだかと待ちわびた記憶があります。いつの間にかそんなことも無くなり、ただ漠然と世間の雰囲気に流されながら普通の日を送るようになりました。

別に恋人がいないから、というわけでもないのですが、ここ数年間でこういう日をどうやって過ごせばいいのかわからなくなってきました。正月とかも年末年始ですから、なるべくスケジュールを空けて実家に帰ったりはするのですが、帰ってみたところで特にするようなことも無く。ただ手持ち無沙汰にコタツでみかんを剥くだけだったりするんですよね。クリスマスも同様です。とりあえずチキンでも食べておけば良いのでしょうか?

ていうか、去年の僕はどうやって過ごしていたのでしょう?

stack-dot-com.hatenadiary.com

エフェクターの記事書いてました。通常運転ですね。

毎年誰かしらが言ってるような気もしますが、僕らはキリスト教徒なわけでもないですし、結局クリスマスなんて、何となくわちゃわちゃした空気の中でやんわり過ごすくらいで良いのかもしれません。ここ数年のハロウィンとかも冷静になって見るとわけわかんないですからね。

それでも予定が無いとなんか虚しいような感じになり、今作ったところでしょうがないのに恋人はどうこうといった話になってしまうのは何なんでしょうね。正しいとか間違ってるとかそういうのは無いはずなのに、こんな風になってしまうのは今は特別じゃなくなってしまった何かを埋めたかったりするのでしょうか。